武骨

武骨

覇者の素質チャンピオンの質 

「いい防具と防具も、防具店我辛い一言です。

「いい鎧だと言っても違いがよくわからない」
剣道屋さんにとっては本当に辛い言葉です。

とこの押し防具、かつクリックます。縫いニに3百と6百の2目をあり、3百数のコシと6百ののコ​​シと6百ののととと6百にありの「骨」を生みました。その「骨」は他のことしし方よりもくにに、あなたの頭と手首を保護しててます。

しかし、このオリジナルの防具は他の防具とは少し異なります。
ここで使用されている技術は、3mmステッチの剛性と6mmステッチの柔らかさを組み合わせたものです。その剛性と柔らかさは、衝撃を広げて吸収するのに効果的です。作成された「ボーン」は、他の従来の縫い幅より衝撃吸収に優れます。 

かの技術と、これは発想。第2つがの結びは「武骨」。

伝統と革新の同盟。私たちの「ぶこつ」防具は、この協会から生まれました。
それはあなたのお気に入りのトレーニングパートナーになります。 

「武骨」が、ますができます。防具はいくつかの方法でパーソナライズできます。

意匠登録権(第1331963号)  見品にご注意ください。

 

 

武骨シリーズ目安表

武骨シリーズの防具を他の防具シリーズと比較したときの参考目安表です。このシリーズは商品ごとに特徴が全く異なるため、全体としての大まかな傾向を表記しました。参考としてご活用ください。

武骨構成例

武骨構成例

旧面Type1、旧Classic、50本樹脂胴、旧垂Type1

bukotu 3rd

耐久 —★—
—★—
飾り シンプル ★- グラフ
やわらかさ ★★★—
場面 練習 —  ★★— 試合向

防具のご紹介

現在武骨3rdのみの販売となります。 タイプ1、タイプ2は武骨JPのみとなります。

武骨面3rd   //武骨棘+3再具の目

 


武骨 甲手Type1

武骨 甲手Type1 //そのままの握りを引き立てる。

Type1最大のこだわりである手の内は、人差し指から小指までの角度を研究し調整を繰り返したことにより、素手と同じ感覚での握りが実現しました。使いやすいバランスの取れた甲手です。

武骨 甲手SD

武骨 甲手SD //洗いたくなる甲手

手の内はType1をそのままに、素材を全面洗える生地「テトニット」へと改良しました。洗える甲手は今までもありましたが、“洗える”ではなく“洗いたくなる”甲手の実現に成功しました。


武骨 垂Type1 //構造が生み出すつけごこち。

見た目や安全性だけでなく構造にこだわり、身体の動きや足運びを良くする。あなたの剣道を邪魔しない、構造が生み出す、自然なつけ心地を追求した一品です。

武骨 垂Type2 //他にはない自然なフィット感

Type2ではコシと柔らかさの両立はもちろん、刺し幅を大きくする事によりボリューム感を出しました。見た目も昔ながらの防具の風合いがにじみ出る一品。

武骨 垂Type2 Air //昔ながらの良さがある

Type2 Airはヘリ革を減らすことによりまさに空気のような機動力を手に入れました。そして見た目にもすっきりとした、特徴的な垂に仕上がっております。