消耗品だからこそ。このこだわりを、あなたの良きパートナーに。

甲手は、防具の中で最も消耗の激しい「消耗品」
同時に、動きの善し悪しに直結する
とても重要なものです。

「ひとりひとりの握りを引き立てる良いものを」

研究に研究を重ね辿り着いた
形・素材・刺し・バランス。
そのこだわりすべてがひとつになりました。

武骨「甲手」商品写真

そのままの握りを引き立てる、武骨甲手 type1

武骨甲手type1は、武骨の特徴である3ミリと
6ミリの2種類の刺し幅から生まれる「骨」、
更に手首の長さ・毛の量・糸締などの微調整により
衝撃に強く、そして使いやすい
バランスの取れた甲手が完成しました。

また、type1最大のこだわりである
手の内(握り)は、人差し指から小指までの
角度を研究し調整を繰り返したことにより
素手で握る時と同じ感覚での握りが実現しました。

内側にはテトニットを使用。テトニットは
ポリエステルのような質感ですが、
消臭・速乾に優れ、
触り心地の良い柔らかい素材でありながら
丈夫であることが特徴です。

あなたの握りを引き立てる、使い心地の良い甲手です。

武骨「甲手(小手)」type1

「洗える」甲手から「洗いたくなる」甲手へ

武骨甲手SD(スーパードライ)は、
手の内はタイプTをそのままに
素材を全面テトニットへと改良しました。

テトニットはポリエステル100%の生地です。
そのまま洗濯機で洗うことができ、
脱水を終えた甲手の表面は既に乾いた状態に近いほどです。
スニーカーやサッカーシューズにも使用されており
耐久性が抜群なほか、
吸汗性・通気性・速乾性・坊汚性・軽量など
たくさんの優れた特徴があります。

モニターテストにより、洗うと更に柔らかくなり
使いやすくなるという結果も得られました。

洗える甲手は今までいくつかありましたが、
“洗える”ではなく“洗いたくなる”甲手の実現に成功。
本当の意味で使いやすい甲手です。

武骨「甲手(小手)」SD(スーパードライ)

昔ながらの良さがある。正統派の甲手がここに

甲手に求めるのものは、
使う人により様々な価値観があります。
甲手が剣道防具という道具である以上
「使いやすい」という価値は最優先。
また、身につけるものである以上
「美しい」という価値も大変重要です。

武骨甲手Classicは、その「使いやすい」と「美しい」を
昔ながらの「かたち」で残しました。

素材は手刺しに使用する高級材料を使用。
全体的なシルエットは余計な飾りを無くし、
派手さの無いシンプルな仕上がりとなっています。
また、甲手頭は織刺と紺革を使用した奴(やっこ)型で
甲手の傷みが少なく耐久性に優れているほか、
縫いきりをシンプルにすることで毛詰め量が多く
安全性のより高い、まさに昔ながらの甲手です。

この甲手は左右の手の内にも特徴があります。
右の手の内にはtypeTをそのまま取り入れ、
左の手の内は昔のままの型を残し、左右異なる手の内に
することで、しっかりとした構えにも対応する
高段者向きのつくりとなっています。

昔ながらの良さの中にも武骨のこだわりを忘れない、
まさにクラシックな甲手です。
完全受注生産商品、納期約45日。

武骨「甲手(小手)」Classic

この機動力、超実践型の証。武骨Dark

武骨甲手Darkは見た目の新しさを追求し、
甲手を装着した瞬間から分かる
握りやすさとしなやかさを実現しました。
布団をギリギリまで薄くし改良を重ねた、
軽く機動力のある超実践型の甲手です。

手の内の素材には
特徴的な黒い人工鹿革アイレザーを使用し、
甲手のイメージを新しい物へと昇華。
甲手に施された装飾も研ぎ澄まされた
シャープな印象を与えます。

武骨甲手Darkは見た目だけではありません。
使いやすさを実感できる超軽量、
超実践型の甲手になっています。

こちらの商品は受注生産品となりますので、
ご注文いただいてから納品まで45〜60日程度
頂戴しております。

武骨「甲手(小手)」Dark




武骨甲手(小手) 基本仕様

type1 S D classic Dark
仕立て 総織刺仕立 総テトニット布地仕立 頭藍染鹿革奴仕立 ( あたまあいぞめしかがわやっこしたて ) 頭藍染鹿革奴仕立 ( あたまあいぞめしかがわやっこしたて )
ヘリ革の材質 紺鹿革 テトニット 紺鹿革 紺鹿革
頭飾り ヨロイ飾り ヨロイ飾り ヌイキリ ヌイキリ
手の内の材質 人工鹿革アイレザーG2 人工鹿革アイレザーG2 茶鹿革 人工鹿革アイレザーG2(紺)
重さ(目安) 約500g 約480g 約550g 約530g
耐久性
家庭で洗える
速乾性
タイプ 一般向け 試合向け 一般向け 超実践試合向け
※classic・Darkは受注生産となっております。
※重さはLサイズの目安であり、実際の商品と異なることがあります。
※家庭で洗った場合、SD以外の商品では激しい縮みが発生することがあります。
※SDも多少色落ちが発生いたします。
※耐久性は目安であり、使用環境により異なることがあります。
※商品の仕様は事前の予告なく変更されることがあります。

甲手(小手)の寸法位置について

  • 採寸見本

    採寸見本

    A・Bの長さを計って、
    自分に合った甲手をお求めください。
  • A・中指から手首まで

    A・中指から手首まで

    手首の位置については
    下の拡大図もあわせてご覧ください。
    ※写真は18cm
  • B・手の甲一周

    B・手の甲一周

    ※写真は20cm
  • A・一番上の手首のしわを目安にしてください。

    A・手首位置拡大

    1番上の手首のしわから計ります。
▲TOPへ